眼内レンズについて

​白内障手術で使う眼内レンズ

※単焦点眼内レンズは「近い距離」か「遠い距離」のどちらか一方を選択できます

眼内レンズにはさまざまな種類がある

白内障の手術は、濁ってしまった水晶体(レンズ)を取り除き代わりに人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入することで見え方を改善します。挿入する眼内レンズの種類によってピントの合い方や光の感じ方、眼鏡の補助が必要なシーンなどが違うため実現したいライフスタイルに合わせて選択することができます。近年、眼内レンズの開発が進んだことで、これまで多く利用されてきた近い距離か遠い距離のどちらか一方にピントが合う「単焦点眼内レンズ」だけでなく、近い距離にも遠い距離にもピントが合う「多焦点眼内レンズ」というレンズも増えました。更にその多焦点眼内レンズの中には、近距離と遠距離に加えて中間距離にもピントが合う「トリフォーカルレンズ」という新しい選択肢も増えています。

​単焦点眼内レンズ

 

​近くにピントを合わせたイメージ

​遠くにピントを合わせたイメージ

単焦点眼内レンズとは、近い距離と遠い距離のどちらかにピントを合わせられる眼内レンズです。遠方にピントを合わせると手元が見えにくくなり、逆に近方に合わせると遠方が見えにくくなります。白内障手術後の眼は自力でピントを調整することができなくなるので、見えにくい方の距離を見るためにメガネが必要になります。例えば近い距離にピントを合わせた場合、「近くはよく見えるが遠くが見えない」となり、読書などはメガネなしで楽しめますが遠くにあるテレビなどはぼやけて見えにくくなります。その場合、裸眼視力としては0.1程度になり日常生活にはメガネが欠かせませんが、手元だけはよく見えますので手芸など手元で行う細かい作業や読書などが重要な方には相性が良いと言えます。

​多焦点眼内レンズ

 

​単焦点眼内レンズの見え方のイメージ

多焦点眼内レンズの見え方のイメージ

多焦点眼内レンズは近い距離も遠い距離もある程度見えるレンズです。単焦点眼内レンズは見えにくい距離を見るためにメガネの補助が必要なのに比べ、多焦点眼内レンズは日常生活でメガネを使う頻度がかなり減ります。メガネをかけたくない方や、メガネなしでスポーツをしたい方(ゴルフやダイビングがお好きな方など)に適しています。

​多焦点眼内レンズの注意点

ハロー・グレア無し

​ハロー・グレア有り

多焦点眼内レンズは構造上、単焦点眼内レンズに比べ夜間や強い光を見た際にハロー(光の周辺に輪がかかって見えること)やグレア(光が長く伸びてまぶしく見えること)が起きやすくなるため、夜間の運転をされる方には適していません。

トリフォーカルレンズ

中間距離にピントが合わない見え方

​中間距離にピントが合う見え方

多焦点眼内レンズの一種で、近い距離と遠い距離に加え中間距離にもピントが合うレンズがトリフォーカル(三焦点)レンズです。近い距離と遠い距離、2つの距離にピントが合う従来の多焦点眼内レンズはバイフォーカル(二焦点)レンズというもので、メガネの利用頻度を減らし快適な生活を送るのに役立ってきましたが、カーナビやパソコン、ピアノ演奏時の楽譜などの中間距離(約70cm程度)が見えにくいという特徴がありました。しかしトリフォーカルレンズが開発されたことで中間距離にもピントが合うようになり、よりメガネに依存しない快適な見え方を実現することができるようになりました。

 

アドオンレンズ

アドオンレンズ(Add-on Lens)とは既に白内障手術を受け眼内レンズを挿入した後に、追加で挿入できる眼内レンズです。上の画像の黄色いレンズが先に挿入した眼内レンズ、その上の白い眼内レンズがアドオンレンズです。一度目の白内障手術で矯正し切れなかった近視・遠視・乱視を矯正することができます。白内障手術後に「左右の度数差を少なくしたい」「近く、または遠くをもっと見えるようにしたい」「乱視を少なくしたい」という方や、「単焦点眼内レンズが入っているが、多焦点眼内レンズにしたい」という方の裸眼での見え方を改善することができます。

​©福岡白内障専門サイト